レビトラでED回避

レビトラは3大ED治療薬です。有名なのはバイアグラですがその次に作られたのがレビトラです。レビトラは食事の制限がゆるい為多くの人に愛用されていますので是非EDの方は使用してみてください。

レビトラと他の勃起不全治療薬との比較

勃起不全を改善するための治療薬といえば、1990年代の後半に登場したバイアグラが広く知られています。元々は狭心症の治療薬として研究されていたのですが、臨床試験を行ったところ勃起不全に対して効果を発揮することが確認されたのです。

バイアグラの具体的な作用は、勃起の妨げとなっている酵素の活性を阻害して、陰茎周辺部の血管を拡張することにより血流量を増加するという内容です。これは、バイアグラ以降に開発された勃起不全の治療薬において共通している部分となっています。

レビトラは、2003年にドイツのメーカーに開発された勃起不全の治療薬で、日本でも2004年に厚生労働省に承認されています。バイアグラと比較した場合には、いくつかの部分において優れています。まず、バイアグラの最大の弱点であった食事の影響を受けやすいという部分が改善されており、標準的な食事の摂取であれば効果は左右されません。

このために、性行為の前にレビトラと共に食事も摂れるということになるので、身体にかかる負担はバイアグラと比較すると軽くなります。しかも効果が持続する時間はバイアグラが5時間から6時間だったのに対して、レビトラは5時間から10時間と長くなっています。
また、即効性という部分においてもバイアグラよりも優れていると報告されています。

この様に、バイアグラと比較すると様々な部分が優れているレビトラは、服用時にグレープフルーツを食べることは禁止されています。これは、グレープフルーツには、薬の血中濃度を上昇させる作用があるからであり、副作用に見舞われる危険があるからです。また、血圧が変動するので低血圧や高血圧が著しい人の使用も禁止されています。